京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

金福寺の紅葉2018、見ごろと混雑状況。

金福寺の紅葉、見頃や混雑具合

金福寺について

金福寺は、京都の紅葉の穴場のお寺です。
本堂の周りを、紅葉が赤く彩ります。

金福寺は、慈覚大師の遺志のもと建てられました。
創建したのは、安恵僧都です。

一時荒廃しましたが、鉄舟和尚が復興させます。
この時に、臨済宗になりました。

鉄舟和尚は松尾芭蕉と信仰を深めていたので、後丘の庵はいつしか芭蕉庵と呼ばれるようになります。

また後丘には、与謝蕪村などの俳人のお墓や句碑があります。

そんな金福寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、叡山電鉄「一乗寺駅」になります。

「一乗寺駅」から徒歩です。
20分ほど歩けば到着です。

駐車場は、あります。
ただし、駐車台数は、少ないので注意が必要です。

今回は、金福寺の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



金福寺の紅葉、見頃と混雑状況

金福寺は、京都の紅葉の穴場です。
こぢんまりとした境内に、紅葉が美しく色づきます。

オススメなのが、金福寺の庭園です。
金福寺の庭園は、白山と築山の簡素な枯山水庭園になります。

簡素がゆえに、紅葉がとても映えます。
芭蕉庵から見る本堂前の庭園が、オススメスポットです。

また、芭蕉庵の周辺もオススメです。
紅葉を背景に佇む芭蕉庵は、わび・さびの世界を表現しています。

f:id:sarunokinobori:20180808200806j:plain
(紅葉)

例年の見頃の時期は、11月中旬から11月下旬です。
11月上旬から、紅葉は色づき始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、普段よりも人はします。

ただ、穴場だけあり、混雑はしません。
心静かにわびさびの世界を体験したい人にオススメです。

金福寺の拝観料金と拝観時間

金福寺は、拝観料金が必要です。
大人400円、中高生200円。

拝観時間は、以下の通りです。
拝観時間は、9時から17時になります。

金福寺のアクセス

金福寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩20分。

最寄駅:叡山電鉄「一乗寺駅」。

f:id:sarunokinobori:20180814185754j:plain
(金福寺の周辺地図)