京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

実相院の紅葉2018、見ごろと混雑状況。

実相院の紅葉、見頃や混雑具合

実相院について

実相院は、美しい紅葉が彩るお寺です。
石庭などで、紅葉を楽しむ事が出来ます。

実相院は、岩倉門跡や岩倉御殿と、昔から呼ばれているお寺です。
それには、理由があります。

その理由とは、実相院が門跡寺院だからです。
門跡寺院とは、皇族・公家が住職を務めるお寺を指します。

見所は、東側の石庭と西側の山水庭園です。
その2つを結ぶ通路では、カエデが床に映り込みます。

カエデが映り込む様子から、新緑の時は「床みどり」、紅葉の時は「床もみじ」と呼ばれ、拝観する方に好評です。

そんな実相院へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、叡山電鉄「岩倉駅」になります。

「岩倉駅」から徒歩です。
20分ほど歩けば到着です。

駐車場は、ありません。
ただし、紅葉の時期は、止める事が出来ません。

今回は、実相院の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



実相院の紅葉、見頃と混雑状況

実相院は、京都の紅葉の名所です。
紅葉は、境内のいたる場所で楽しめます。

その中でもオススメなのが、東側の石庭と西側の山水庭園です。

東側の石庭では、白砂に紅葉がとても映えます。
西側の山水庭園では、「床もみじ」が楽しめます。

どちらの紅葉も趣が違うので、紅葉に飽きる事がありません。

玄関前や書院の周辺でも、赤く色づきます。
様々な魅力的な紅葉が楽しめるのが、秋の実相院の特徴です。

f:id:sarunokinobori:20180812135120j:plain
(実相院の紅葉)

例年の見頃の時期は、11月中旬から12月上旬です。
11月上旬から、紅葉は色づき始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、他の季節よりも確実に混雑はします。

平日も、人は多いです。
休日は、平日以上に観光客が多いです。

混雑を回避したい方は、朝1番で訪れるか、閉まる直前に訪れるのが無難だと思います。

実相院の拝観料金と拝観時間

実相院は、拝観料金が必要です。
大人500円、小中学生250円になります。

拝観時間は、以下の通りです。
拝観時間は、9時から17時になります。

実相院のアクセス

実相院へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩20分。

最寄駅:叡山電鉄「岩倉駅」。

f:id:sarunokinobori:20180812135111j:plain
(実相院の周辺地図)