京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

鷺森神社の紅葉2018、見ごろと混雑状況。

鷺森神社の紅葉、見頃や混雑具合

鷺森神社について

鷺森神社は、参道が紅葉に包まれるお寺です。
散紅葉も、見応えがあります。

鷺森神社は、貞観年間に創建された神社です。
もとは修学院離宮の地にありました。

現在の地へと移ったのは、元禄年間の頃です。
比叡山山麓の産土神で、修学寺の帝王とも呼ばれていました。

見所は、良縁の石「八重垣」です。
夫婦和合と良縁が授かります。

そんな鷺森神社へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、叡山電鉄「修学院駅」になります。

「修学院駅」から徒歩です。
10分ほど歩けば到着です。

無料駐車場は、あります。
ただし、駐車出来る台数は少ないです。

今回は、鷺森神社の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間、秋の境内の様子も掲載してます。


【スポンサーリンク】



鷺森神社の紅葉、見頃と混雑状況

鷺森神社は、紅葉が美しいと知られる神社です。
紅葉は、鷺森神社の参道で色濃く色づきます。

鷺森神社の参道は、鳥居から本殿まで約300m程です。
その両端に、カエデの木が植えられています

カエデの並木は、秋には空を覆うように成長します。
そして、参道を赤く染めて、訪れる人を歓迎してくれます。

また、晩秋の散紅葉も美しいと評判です。

f:id:sarunokinobori:20180813155908j:plain
(鷺森神社の紅葉)

例年の見頃の時期は、11月下旬頃です。
11月中旬から、紅葉は色づき始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、特に混雑しません。
参道のみの紅葉ですが、穴場なのでオススメです。

鷺森神社の参道の紅葉の様子

秋の鷺森神社の参道の様子です。

f:id:sarunokinobori:20180813155921j:plain
広い参道の両脇に、カエデの木が植えられています。
そして、秋になるとこのように赤く染まります。

f:id:sarunokinobori:20180813155937j:plain
私が訪れた時は、まだ見頃の前でした。
そのため、染まる具合にムラがあります。

それでも、十分な見応えはありました。

また私が参道を歩いていた時は、ほとんど人に会いませんでした。
秋の鷺森神社は、混雑とは無縁の穴場です。

紅葉とは関係ないのですが、御朱印についてです。
書かれる方がいらっしゃる時は、御朱印帳に直接書いて頂けます。

ただ、留守が多いです。
そのため、基本書置きでの対応となっています。

私が参拝した時も、いらっしゃいませんでした。

鷺森神社の周辺には、赤山禅院を含め紅葉の名所が多く存在しています。
鷺森神社も散策ルートに加えて、紅葉巡りを楽しんで下さい。

鷺森神社の拝観料金と拝観時間

鷺森神社は、拝観料金が必要ありません。

拝観時間も、自由です。

鷺森神社のアクセス

鷺森神社へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩10分。

最寄駅:叡山電鉄「修学院駅」。

f:id:sarunokinobori:20180813160006j:plain
(鷺森神社の周辺地図)