京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

実光院の紅葉2018、見ごろと混雑状況。

実光院の紅葉、見頃や混雑具合

実光院について

実光院は、美しい紅葉が楽しめるお寺です。
三千院の奥参道にあり、天台宗の三門寺院の1つに数えられます。

円仁の9代目の弟子である寂源が、天台声明を伝承するために建てた勝林寺の子院です。

実光院には、2つの有名な庭園があります。

1つは、契心園と呼ばれる庭園です。
客殿の南側にあり、江戸時代後期に作られました。

心字の池を中心としている池泉鑑賞式庭園です。
築山の松は鶴を、池の島は亀を表しています。

もう1つが、客殿の西側にも回遊式庭園があります。
空気が透き通る庭園で、不断桜が咲き誇ります。

そんな実光院へのアクセス方法は、バスと徒歩です。
最寄り停留所は、「大原バス停」になります。

「大原バス」から徒歩です。
10分ほど歩けば到着です。

JR京都駅からだと、京阪バス17系統に乗車して下さい。
国際会館駅からだと、京阪バス19系統です。

駐車場は、ありません。
ただ、近隣に駐車場があるので車で行く事も可能です。

今回は、実光院の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



実光院の紅葉、見頃と混雑状況

実光院は、京都の紅葉の名所です。
2つの庭園で、紅葉を楽しむ事が出来ます。

1つは、契心園です。
観賞式庭園になります。

客殿から、紅葉を眺める事が出来る庭です。
散策する事は出来ませんが、落ち着いた心で見る事が出来ます。

もう1つは、旧理覚院です。
回遊式庭園です。

実際に歩いて、紅葉が楽しめる庭です。
また、秋に花を咲かせる不断桜も植えられています。

紅葉と桜を同時に楽しめるのも、旧理覚院ならではの楽しみ方です。

f:id:sarunokinobori:20180811114901j:plain
(紅葉と桜のイメージ)

例年の見頃の時期は、11月中旬から11月下旬です。
11月上旬から、紅葉は色づき始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、他の季節よりもやや混雑はします。

それでも平日は、ゆったりと紅葉を見る事が出来ます。
休日も、問題なく紅葉が楽しめます。

実光院の拝観料金と拝観時間

実光院は、拝観料金が必要です。
大人700円、中高生700円、小人300円になります。

拝観時間は、以下の通りです。
拝観時間は、9時から16時になります。

実光院のアクセス

実光院へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩10分。

最寄停留所:「大原バス停」。

f:id:sarunokinobori:20180620183517j:plain
(実光院の周辺地図)

大原の紅葉

京都大原で紅葉が楽しめる名所の一覧です。

三千院の紅葉、見ごろと混雑状況。
勝林院の紅葉、見ごろと混雑状況。
寂光院の紅葉、見ごろと混雑状況。
宝泉院の紅葉、見ごろと混雑状況。
★実光院の紅葉、見ごろと混雑状況。