京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

天得院の桔梗、見ごろと開花状況。

天得院の桔梗、見ごろと開花情報

天得院について

天得院は、臨済宗東福寺の塔頭です。
正平年間に、開創されました

開創したのは、東福寺第三十世住持である無夢一清です。
東福寺五塔頭の1つに数えられます。

その後、天得院は衰微しました。
再興は、大機慧雄禅師によってです。

再興された天得院ですが、徳川家康によって取壊される憂き目にあります。
再建されたのは、天明9年(1789年)です。

通常は、非公開のお寺です。
しかし、桔梗と紅葉の時期に、特別拝観されます。

そんな天得院へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR・京阪「東福寺駅」になります。

「東福寺駅」から徒歩です。
約7分程歩くと天得院へ到着します。

駐車場は、東福寺の駐車場を利用する事になります。
東福寺の駐車場は、無料です

今回は天得院の桔梗の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



天得院の桔梗、見頃や開花状況

天得院と言えば、京都の桔梗のお寺です。
桔梗が見頃の時期に、特別拝観が行われます。

桔梗が咲くのは、枯山水の庭です。
苔に覆われた庭園で、美しく桔梗が咲き誇ります。

苔の緑と桔梗の青と白。
コントラストがとても綺麗と、評判です。

f:id:sarunokinobori:20180701090904j:plain
(桔梗のイメージ)

天得院の桔梗の見頃は、6月中頃から7月上旬。
特別拝観の時期は、6月下旬から7月上旬になります。

特別拝観期間に訪れれば、見頃の桔梗を見る事が可能です。
公開間中なら、いつ訪れても大丈夫だと思います。

天得院の桔梗は、昼食(精進料理)を食べながら見る事も出来ます。
昼食を食べながら桔梗が咲く庭園を眺める、最高の贅沢が楽しめるお寺です。

天得院の拝観料金と拝観時間

天得院は、拝観料金が必要なお寺です。

拝観料金は、大人500円、中高生300円。
拝観時間は、10時から16時30分になります。

精進料理「花精進」は、3,780円(税込)です。
(11時〜14時 要予約)

天得院のアクセス

天得院へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩7分。

最寄駅:JR・京阪「東福寺駅」。

f:id:sarunokinobori:20180704182141j:plain
(天得院の周辺地図)