京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

天龍寺の半夏生、見ごろと開花状況。

天龍寺の半夏生、見ごろと開花情報

天龍寺について

天龍寺は、暦応2(1339)に、創建されました。
臨済宗天龍寺派の大本山です。

足利尊氏を開基とし、夢窓国師を開山として開かれたお寺になります。

天龍寺を建てた理由は、後醍醐天皇です。
足利尊氏が、後醍醐天皇の菩提を弔うため建てます。

室町時代に京都五山の第一位になった天龍寺。
しかし、度重なる大火で創建当時の面影は無くなりました。

ただ、当時の面影が全て無くなった訳ではありません。
天龍寺の曹源池庭園は、当時の原型を残しています。

夢窓疎石の作庭の池泉回遊式庭園です。
亀山と嵐山を借景とした庭は、壮大にして美しいです。

また、百花苑という庭も存在しています。
こちらは、昭和58年に整備された庭です。

そんな天龍寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR「嵯峨嵐山駅」嵐電嵐山本線「嵐山駅」になります。

「嵯峨嵐山駅」から徒歩です。
約10分程歩くと天龍寺へ到着します。

駐車場も、完備しています。
自家用車1000円/1日の有料駐車場です。

今回は天龍寺の半夏生の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



天龍寺の半夏生、見頃や開花状況

天龍寺の曹源池庭園は、日本最初の史跡・特別名勝指定の庭です。

夢窓国師が作庭しました。
嵐山を借景に、京都の四季の移ろいが楽しめます。

天龍寺の見所の1つと言って良い庭園です。
同じく天龍寺の見所の1つに、百花苑があります。

天龍寺の百花苑は、多宝殿から北門への苑路です。

昭和58年に北門開設され、それと同時期に百花苑も整備されました。

百花苑では、様々な花が楽しめます。
初夏だと、桔梗や紫陽花です。

f:id:sarunokinobori:20180630101658j:plain
(半夏生のイメージ)

また、半夏生も咲きます。
見頃の時期は、6月上旬から6月下旬です。

半夏生は、花を楽しむ植物ではありません。
花よりも葉を楽しむ植物です。

見頃の時期になると、緑の葉が白くなります。
その姿は、まるで白いペンキでも塗られたようです。

初めて見る方は、いたずらと勘違いすると思います。
白くなった半夏生の葉を、1度見てみて下さい。

天龍寺の拝観料金と拝観時間

天龍寺は、拝観料金が必要なお寺です。

庭園(曹源池・百花苑)。
大人500円、小人300円(小中学生)。

諸堂(大方丈・書院・多宝殿)。
庭園拝観料金に、300円追加。

拝観時間は、8時30分から17時30分です。

天龍寺のアクセス

天龍寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩10分。

最寄駅:JR「嵯峨嵐山駅」。

f:id:sarunokinobori:20180628160235j:plain
(天龍寺の周辺地図)