京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

天寧寺のサルスベリ、見ごろと開花情報。

天寧寺の百日紅、見頃や開花状況

天寧寺について

天寧寺は、曹洞宗のお寺です。
ご本尊として、釈迦如来像を祀っています。

もともとは、会津の城下にあったお寺です。
天正年間に、現在の地へ移ったと伝わっています。

移転後、天明の大火によって焼失しました。
本堂と書院は、大火の後に再建されたものです。

天寧寺の山門は、「額縁門」と呼ばれています。
山門越しに比叡山を眺めると、額に入ったように見えます。

そんな天寧寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、地下鉄「鞍馬口駅」になります。

「鞍馬口駅」から徒歩です。
5分ほど歩くと到着です。

駐車場は、あります。
無料で利用可能です。

今回は天寧寺のサルスベリの紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



天寧寺のサルスベリ、見ごろと開花情報

天寧寺は、額縁門が有名なお寺です。
額縁門とは、天寧寺の山門の事です。

山門越しに比叡山を望むと、比叡山が額に飾られたように見える事から、額縁門と呼ばれています。

f:id:sarunokinobori:20180804121106j:plain
(百日紅のイメージ)

そんな天寧寺には、百日紅の花が咲きます。
場所は、境内のお堂のそばです。

例年の見頃の時期は、7月上旬から9月上旬です。
赤色や白色の可憐は花を見る事が出来ますよ。

天寧寺の拝観料金と拝観時間

天寧寺は、境内は無料で散策出来ます
拝観時間は、8時から16時30分です。

天寧寺のアクセス

天寧寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩5分。

最寄駅:地下鉄「鞍馬口駅」。

f:id:sarunokinobori:20180804121114j:plain
(天寧寺の周辺地図)