京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

退蔵院の沙羅双樹(夏椿)、見ごろと開花状況。

退蔵院の沙羅双樹(夏椿)、見ごろと開花情報

退蔵院について

退蔵院は、妙心寺の塔頭の1つです。
京都市右京区にあります。

創建は、応永11年(1404)です。
波多野重通が無因宗因を開山として始めました。

その後、応仁の乱の戦火で荒廃。
慶長2年(1597)に、亀年禅師によって再建されます。

見所は、2つの庭園です。
枯山水庭園「元信の庭」、池泉回遊式庭園「余香苑」。

京都の四季が楽しめる庭園として、人気があります。

そんな退蔵院へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR「花園駅」になります。

「花園駅」から徒歩です。
約7分程歩くと「妙心寺 退蔵院」へ到着します。

駐車場も、完備しています。
ただし、止める事が出来る台数に制限があります。

今回は退蔵院の沙羅双樹(夏椿)の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



退蔵院の沙羅双樹(夏椿)、見頃や開花状況

退蔵院の見所と言えば、2つの庭園です。
「元信の庭」と「余香苑」になります。

「元信の庭」は、観賞する庭です。
「余香苑」は、散策する庭になります。

f:id:sarunokinobori:20180621191804j:plain
(沙羅双樹のイメージ)

そんな退蔵院では、沙羅双樹(夏椿)が楽しめます。
咲く場所は、庫裏の前です。

見頃の時期は、6月上旬から6月下旬です。
この時期の庫裏前は混雑しないので、ゆったりと観賞出来ます。

沙羅双樹と書きましたが、夏椿の事です。
夏椿は、沙羅双樹と似ています。

そのため、夏椿を沙羅の代用として植えている所が多いです。
沙羅双樹は耐寒性が弱い植物になります。

日本で育てる場合、温室が必要です。

退蔵院の拝観料金と拝観時間

退蔵院は、拝観料金が必要なお寺です。
一律:800円。

拝観時間は、9時から17時です。

退蔵院のアクセス

退蔵院へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩7分。

最寄駅:JR「花園駅」。

f:id:sarunokinobori:20180625182840j:plain
(退蔵院の周辺地図)