京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

退蔵院の紅葉、見ごろと混雑状況。

妙心寺 退蔵院の紅葉、見頃や混雑具合

妙心寺 退蔵院について

退蔵院は、秋に境内の木々が紅葉します。
また、参道の石段の散紅葉も美しいと評判です。

退蔵院は、40余りある妙心寺の塔頭の1つです。
応永11年(1404)に、建てられました。

波多野重通が、無因宗因を開山として創建します。
妙心寺の塔頭の中で、退蔵院は古刹のお寺です。

応仁の乱の戦火で荒廃したが、慶長2年(1597)に再建されます。
再建したのは、亀年禅師です。

退蔵院は、2つの庭園が人気が高いです。
枯山水庭園「元信の庭」、池泉回遊式庭園「余香苑」です。

京都の四季の花が楽しめます。

そんな退蔵院へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR「花園駅」になります。

「花園駅」から徒歩です。
約7分程歩くと「妙心寺 退蔵院」へ到着します。

駐車場も、完備しています。
ただし、止める事が出来る台数に制限があります。

今回は退蔵院の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



退蔵院の紅葉、見頃と混雑状況

退蔵院の境内の木々は、庭園で赤く彩ります。
鮮やかな赤色に染まる紅葉は、見応えがあります。

オススメなのが、余香苑です。

余香苑は、造園家・中根金作が設計した庭園です。
昭和38年から3年の月日を費やし完成しました。

昭和の名庭園で、京都の四季が楽しめます。
庭園を彩るのは、紅枝垂れ桜、藤、皐月、蓮、金木犀、紅葉などです。

この中でも、特に紅葉が美しく、秋の庭園を華麗に演出します。
他にも、参道の紅葉も見応えがあります。

f:id:sarunokinobori:20180904225057j:plain
(紅葉)

例年の見頃の時期は、11月下旬から12月上旬です。
11月上旬から徐々に木々が赤く染まり始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、平日はそれ程でもありません。
休日は平日より混雑しますが、十分紅葉は楽しめます。

退蔵院の拝観料金と拝観時間

退蔵院は、拝観料金が必要なお寺です。
一律:800円。

拝観時間は、9時から17時です。

退蔵院のアクセス

退蔵院へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩7分。

最寄駅:JR「花園駅」。

f:id:sarunokinobori:20180625182840j:plain
(退蔵院の周辺地図)