京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

一休寺の沙羅双樹(夏椿)、見ごろと開花状況。

一休寺の沙羅双樹(夏椿)、見ごろと開花情報

一休寺について

一休寺は、一休和尚が晩年を過ごしたお寺です。
臨済宗大徳寺派の禅寺になります。

始まりは、康正2年(1456)です。
鎌倉時代に開山された妙勝寺が荒廃します。

荒廃した妙勝寺に、御堂を建てました。
宗祖の恩に報いるという意味を込めて酬恩庵と名付けられます。

この酬恩庵が、一休寺の正式名称です。
一休寺納豆や美しい庭園が、人気があります。

そんな一休寺へのアクセス方法は、電車とバスです。
最寄駅は、JR・近鉄「新田辺駅」になります。

「新田辺駅」からバスに乗車。
一休寺バス停で下車。

駐車場も、完備しています。
有料駐車場です。

今回は一休寺の沙羅双樹(夏椿)の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



一休寺の沙羅双樹(夏椿)、見頃や開花状況

一休寺には、南庭と東庭があります。
どちらの庭も見応えがあると評判です。

南庭は、江戸時代の禅苑庭園。
東庭は、十六羅漢になぞらえた石が配置された庭園です。

f:id:sarunokinobori:20180621191804j:plain
(沙羅双樹のイメージ)

そんな一休寺には、沙羅双樹(夏椿)が咲きます。
咲く場所は、本堂前の参道脇です。

見頃の時期は、6月上旬から6月下旬です。
この時期の一休寺は混雑しないので、ゆったりと観賞出来ます。

お寺に沙羅双樹は、夏椿の事です。
沙羅双樹と夏椿が似ている事から、代用として植えられています。

一休寺(酬恩庵)の拝観料金と拝観時間

一休寺(酬恩庵)は、拝観料金が必要なお寺です。
大人:500円(中学生以上)、小人250円。

拝観時間は、9時から17時です。

一休寺(酬恩庵)のアクセス

一休寺(酬恩庵)へのアクセス方法。

最停留所から徒歩すぐ。

最停留所:「一休寺バス停」。

f:id:sarunokinobori:20180624113455j:plain
(一休寺(酬恩庵)の周辺地図)