京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

勝林院のハス、見ごろと開花情報。

勝林院の蓮、見頃と開花状況

勝林院について

勝林院は、天台声明の根本道場です。
慈覚大師が、創建しました。

勝林院は、「大原問答」の舞台としても有名です。

「大原問答」とは、文治2年(1186)に浄土宗開祖法然を招いて、高僧と浄土の宗義を論談した事を指します。

この問答から、勝林院は本尊は「証拠の阿弥陀」とも呼ばれています。
そして境内には、問答台なども残っています。

勝林院は、声明音律の発祥地です。
声明は、仏典に節をつけて仏教音楽の1つになります。

そんな勝林院へのアクセス方法は、バスと徒歩です。
最寄停留所は、「大原停留所」になります。

「大原停留所」から徒歩です。
最寄停留所から15分ほど歩けば到着です。

駐車場は、ありません。
周辺の駐車場を利用する事になります。

今回は勝林院のハスの紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



勝林院のハス、見ごろと開花情報

勝林院は、天台宗のお寺になります。
正式名称には、魚山大原寺勝林院です。

法儀声明念仏三昧の根本道場として建立されました。
「問答寺」「証拠堂」などとも呼ばれています。

勝林院は、京都の紅葉の名所です。
秋には境内が、赤く彩られます。

f:id:sarunokinobori:20180806195505j:plain
(蓮のイメージ)

また勝林院の境内には、蓮甕が置かれています。
蓮甕が置かれているのは、本堂の前です。

例年の見頃の時期は、7月中旬から8月中旬です。

蓮は、早朝に美しい花を咲かせます。
そして、昼過ぎには散り始める花です。

勝林院の蓮の花を見たい方は、朝に訪れましょう。

勝林院の拝観料金と拝観時間

勝林院は、拝観料金が必要なお寺です。
大人300円、小人200円になります。

拝観時間は、9時から16時30分です。

勝林院のアクセス

勝林院へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩15分。

最寄駅:「大原停留所」。

f:id:sarunokinobori:20180806195059j:plain
(勝林院の周辺地図)