京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

真如堂のアジサイ園、見ごろと開花状況。

真如堂の紫陽花、見頃や開花情報

真如堂(真正極楽寺)について

真如堂は、京都市左京区にあります。
京都洛東の古刹で、正式名称は鈴聲山真正極楽寺です。

真正極楽寺とい寺名には、次のような意味があります。

「極楽寺という寺は多いけれど、こここそが正真正銘の極楽の寺である」

ご本尊は、阿弥陀如来立像です。
京都六阿弥陀の1つに数えられます。

「うなづきの弥陀」とも呼ばれる阿弥陀如来立像。
女人を救う仏として、信仰を集めています。

真如堂は、京都の花のお寺です。
四季を通して、境内には様々な花が咲きます。

人気が高い花は、桜です。
花ではないのですが、紅葉の名所でもあります。

そんな真如堂(真正極楽寺)へのアクセス方法は、バスです。
最寄り停留所は、「錦林車庫前」もしくは「真如堂前」になります。

「錦林車庫前」「真如堂前」から徒歩です。
10分ほど歩けば到着です。

駐車場も、完備しています。

今回は真如堂のアジサイの紹介です。
また、拝観料金と拝観時間、真如堂のアジサイ園の様子も掲載してます。


【スポンサーリンク】



真如堂(真正極楽寺)の紫陽花園、見頃や開花状況

真如堂の境内には、四季の花が咲きます。
最も人気が高いのが、桜です。

京都の桜の名所だけあり、美しく境内を彩ります。
また、京都の紅葉の名所でもあり、こちらも人気が高いです。

それでは、他の花はどうなのでしょうか。
最近人気が上がっているのは、あじさいです。

本堂の裏にあるアジサイ園で、咲きます。
例年の見頃の時期は、6月上旬から6月下旬です。

種類も豊富で、様々な色のあじさいが咲きます。
1万株規模のあじさいの名所と比較すると、規模は小さいです。

しかし、見応えは十分あり楽しめます。
また、混雑もしないので、ゆったりと観賞出来るもの良い点です。

真如堂のアジサイ園に咲く紫陽花

真如堂のアジサイ園は、初見だと見逃しやすい場所にあります。
私も初めて訪れた時、ちょっとだけ探しました。

アジサイ園がある場所は、本堂の裏です。
本堂裏に行くと、萬霊堂が建っています。

f:id:sarunokinobori:20180610204122j:plain
この建物が、萬霊堂です。
この萬霊堂の周りが、アジサイ園です。

f:id:sarunokinobori:20180610204129j:plain
建物の周りには、小さな道が出来ています。
その両端に、アジサイが咲きます。

f:id:sarunokinobori:20180610204137j:plain
美しい紫陽花が多いのに、混雑がありません。
アジサイの名所としての知名度が低いので、今は穴場です。

f:id:sarunokinobori:20180610204145j:plain
穴場なので、ゆったりと観賞出来ます。

f:id:sarunokinobori:20180610204153j:plain
真如堂のガクアジサイです。
真如堂の紫陽花は、個人的にガクアジサイがお気に入りです。

f:id:sarunokinobori:20180610204201j:plain
種類・色ともに豊富で、とても楽しめます。

真如堂のアジサイ園は、今は穴場です。
しかし、これからは分りません。

人が少なく混雑がない内に、真如堂のアジサイ園に1度訪れてみませんか。

真如堂の拝観料金と拝観時間

真如堂は、拝観料金は必要ありません。
あじさい園も、無料で入る事が出来ます。

ただし庭園を見る時には、拝観料が必要です。
大人500円、中高生300円、小学生200円になります。

収蔵庫及び名勝庭園の拝観時間は、以下の通りです。
拝観時間は、9時から16時になります。

真如堂のアクセス

真如堂へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩10分。

最寄停留所:「錦林車庫前」「真如堂前」。

f:id:sarunokinobori:20180610204210j:plain
(真如堂の周辺地図)

京都府のあじさい

京都府であじさいが楽しめる名所の一覧です。

京都のあじさい寺。名所の紹介。
京都のあじさい神社と植物園。名所を掲載。