京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

真如堂の木槿、見ごろと開花状況。

真如堂の木槿、見ごろと開花情報

真如堂について

真如堂は、本尊阿弥陀如来像を祀るお寺です。
ご本尊は、「うなずきの弥陀」と呼ばれ親しまれています。

「うなずきの弥陀」は、女性の救う仏です。
そのため、女性からの信仰を集めています。

真如堂の名で知られていますが、正式名称は違います。
正式名称は、真正極楽寺です。

寺名には、意味があります。
意味は、正真正銘の極楽の寺です。

真如堂の境内には、多くの花が咲き誇ります。
春は桜、夏は紫陽花、秋は紅葉です。

そんな真如堂(真正極楽寺)へのアクセス方法は、バスです。
最寄り停留所は、「錦林車庫前」もしくは「真如堂前」になります。

「錦林車庫前」「真如堂前」から徒歩です。
10分ほど歩けば到着です。

駐車場も、完備しています。

今回は真如堂の木槿の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



真如堂の木槿、見頃や開花状況

真如堂は、桜の紅葉が綺麗な事で有名です。
枯山水の「涅槃の庭」も人気があります。

そんな真如堂の境内には、様々な花が咲き誇ります。
最近に人気が上昇しているのは、紫陽花です。

本堂の裏のアジサイ園で、咲き誇ります。

f:id:sarunokinobori:20180707131253j:plain
(木槿のイメージ)

また、木槿(ムクゲ)も密かに人気です。
見頃の時期は、7月中旬から9月中頃になります。

咲く場所は、総門前です。
ピンクの可愛らしい花を咲かせます。

木槿は、早朝咲きて夕方に萎んでしまう花です。
一日花ですが、安心して下さい。

次々に別の花が、咲き誇ります。
そのため、見頃の時期は長いです。

蓮とは違い、昼頃に訪れても咲いています。
夏の真如堂を訪れる機会がある方は、ぜひ見てみて下さい。

真如堂の拝観料金と拝観時間

真如堂は、拝観料金は必要ありません。

ただし庭園を見る時には、拝観料が必要です。
大人500円、中高生300円、小学生200円になります。

収蔵庫及び名勝庭園の拝観時間は、以下の通りです。
拝観時間は、9時から16時になります。

真如堂のアクセス

真如堂へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩10分。

最寄停留所:「錦林車庫前」「真如堂前」。

f:id:sarunokinobori:20180610204210j:plain
(真如堂の周辺地図)

真如堂の記事

真如堂に関する記事です。

~真如堂の旅行記~
真如堂(真正極楽寺)に咲く紫陽花【2018】。

~真如堂の四季~
真如堂のアジサイ園、見ごろと開花状況。