京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

西林寺のムクゲ、見ごろと開花情報。

西林寺の木槿、見頃や開花状況

西林寺について

西林寺は、天台宗のお寺です。
創建は、平安時代の初期になります。

慶俊僧都によって建てられたお寺です。
正式名称は、「羽休山飛行院西林寺」になります。

愛宕山に、太郎坊と呼ばれる天狗がいました。
その天狗が、境内の松で羽根を休ませた事から付いた寺名です。

慶俊僧都が、朝梅に乱れ咲く木槿の草むらから地蔵尊を感得します。
この事から、「むくげじぞうさん(木槿地蔵)」とも呼ばれています。

ご本尊の地蔵尊は、京都の名地蔵尊の1つです。
陽四十八願所地蔵めぐりの第19番札所でもあります。

そんな西林寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、地下鉄「鞍馬口駅」になります。

「鞍馬口駅」から徒歩です。
駅から5分ほど歩けば到着です。

駐車場も、完備しています。
無料で、2台分の駐車スペースがあります。

今回は西林寺のムクゲの紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



西林寺のムクゲ、見ごろと開花情報

西林寺は、木槿にゆかりのあるお寺です。
「もくげじぞうさん」とも呼ばれています。

慶俊僧都が、朝梅に乱れ咲く木槿の草むらから地蔵尊を感得したからです。

f:id:sarunokinobori:20180721205716j:plain
(木槿のイメージ)

西林寺の境内は、それ程広くありません。
その境内に、木槿の花が咲き誇ります。

例年の見頃の時期は、8月上旬から9月上旬です。

西林寺の拝観料金と拝観時間

西林寺は、拝観料金は必要ありません
拝観時間も、特になく自由です。

西林寺のアクセス

西林寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩すぐ。

最寄駅:地下鉄「鞍馬口駅」。

f:id:sarunokinobori:20180721205706j:plain
(西林寺の周辺地図)