京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

龍安寺のスイレン2019、見ごろと開花情報。

龍安寺の睡蓮、見頃と開花状況

龍安寺について

龍安寺は、臨済宗妙心寺派の禅寺です。
創建は、宝徳2年(1450)になります。

細川勝元が、徳大寺家の別荘を譲り受けました。
そこに、妙心寺の義・和尚を開山として禅寺へ改めます。

この事が、龍安寺の始まりです。

見所はいくつもありますが、有名なのが方丈庭園です。
「虎の子渡しの庭」と呼ばれる庭園は、15個の石が配置されています。

また、南側に広がる回遊式庭園も人気です。
夏には睡蓮、秋は紅葉が楽しめます。

そんな龍安寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、京福電車「龍安寺駅」になります。

「龍安寺駅」から徒歩です。
駅から10分ほど歩けば到着です。

駐車場も、完備しています。
石庭の拝観者に限り、1時間無料です。

今回は龍安寺のスイレンの紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



龍安寺のスイレン、見ごろと開花情報

龍安寺は、石庭が有名なお寺です。
多くの拝観者が、石庭を目当てに訪れます。

また、境内の南側にある回遊式庭園も素晴らしいです。
鏡容池の周りでは、京都の四季が楽しめます。

f:id:sarunokinobori:20180718201425j:plain
(睡蓮のイメージ)

夏の鏡容池には、睡蓮の花が咲き誇ります。
例年の見頃の時期は、5月中旬から9月下旬です。

龍安寺の睡蓮は、見頃が長いのが特徴です。
この時期、鏡容池一面に様々な色の睡蓮が咲き乱れます。

睡蓮に似ている花として、蓮が挙げられます。
睡蓮と蓮の見分け方は、花の咲く位置です。

水面高く茎を伸ばして咲くのが、蓮です。
水面近くで咲くのが、睡蓮になります。

龍安寺を訪れた時、睡蓮が水面のすぐ近くで咲いているか確かめてみて下さい。

龍安寺の拝観料金と拝観時間

龍安寺は、拝観料金が必要なお寺です。
大人500円、小中学生300円になります。

拝観時間は、8時から17時です。

龍安寺のアクセス

龍安寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩10分。

最寄駅:京福電車「龍安寺駅」。

f:id:sarunokinobori:20180718201434j:plain
(龍安寺の周辺地図)