京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

鹿王院の紅葉2018、見ごろと混雑状況。

鹿王院の紅葉、見頃や混雑具合

鹿王院について

鹿王院は、嵐山の紅葉の中で穴場的な存在です。
紅葉が綺麗なお寺なのですが、思った程混雑はしません。

鹿王院は、足利義満が建立しました。
春屋妙葩が、開山です。

宝幢寺の塔頭ですが、応仁の乱で宝幢寺は廃絶になりました。
そして、鹿王院のみが残ります。

京都の沙羅双樹の名所であり、紅葉の名所でもあります。
新緑と紅葉の時期の、方丈へと続く参道が美しいと評判です。

そんな鹿王院へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR「嵯峨嵐山駅」になります。

最寄駅から徒歩です。
5分ほど歩けば、到着します。

駐車場は、あります。

今回は、鹿王院の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



鹿王院の紅葉、見頃と混雑状況

鹿王院の境内は、秋になると木々が色づきます。
参道や庭園で、紅葉を見る事が出来ます。

オススメなのが、方丈へと続く参道です。

参道の全てが紅葉の赤色で彩られる訳ではありません。
竹や苔もあるため、緑色にも彩られます。

紅葉の赤と竹や苔の緑とのコントラストは、嵐山の秋を十分に感じさせる程の美しさです。

また、舎利殿前の庭園の紅葉も、見応えがあります。
いつまでも眺めていたい光景です。

庫裏前でも紅葉が楽しめます。

f:id:sarunokinobori:20180914174609j:plain
(鹿王院の紅葉)

例年の見頃の時期は、11月下頃から12月上旬です。
11月中旬から徐々に境内の木が紅葉します。

見頃の時期の混雑状況ですが、いつもより混雑はします。
ただし、嵐山嵯峨野の紅葉の名所の中では、空いている方です。

鹿王院の料金と時間

鹿王院は、拝観料金が必要です。
大人:400円、小中学生:200円。

拝観時間は、9時から17時です。

鹿王院のアクセス

鹿王院へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩5分。

最寄駅:JR「嵯峨嵐山駅」。

f:id:sarunokinobori:20180914174600j:plain
(鹿王院の周辺地図)