京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

二尊院の紅葉2018、見ごろと混雑状況。

二尊院の紅葉、見頃や混雑具合

二尊院について

二尊院は、京都で木々が綺麗に紅葉する場所です。
参道の紅葉は、その美しさから「モミジの馬場」と呼ばれています。

二尊院は、天台宗のお寺です。
場所は、小倉山の裾野に位置しています。

ご本尊は、釈迦如来と阿弥陀如来です。
この事から、二尊院と呼ばれるようになりました。

嵯峨天皇の勅願により、承和年間(834~847)に創建されます。
慈覚大師円が開基したお寺です。

広い参道は「紅葉の馬場」と呼ばれ、紅葉の時期の光景は圧巻の一言です。

そんな二尊院へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR「嵯峨嵐山駅」になります。

最寄駅から徒歩です。
20分ほど歩けば、到着します。

駐車場は、あります。

今回は、二尊院の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



二尊院の紅葉、見頃と混雑状況

二尊院は、京都の紅葉の名所です。
秋になると、木々が色鮮やかに紅葉します。

オススメなのが、参道です。

広い参道の両端の紅葉は、見頃の時期になると色濃く鮮やかになります。
まさに「モミジの馬場」にふさわしい深紅の紅葉です。

他にも、勅使門や本堂付近の紅葉も、見応えがあります。

f:id:sarunokinobori:20180904225057j:plain
(紅葉)

例年の見頃の時期は、11月中頃から12月上旬です。
11月上旬から境内の木々が色づき始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、いつもより混雑はします。
特に休日は、参拝者が増えます。

大混雑する程ではありませんが、「紅葉の馬場」で人を入れずに撮影するのは難しいです。

「紅葉の馬場」の写真目的で訪れる方は、早朝がオススメです。

二尊院の料金と時間

二尊院は、拝観料金が必要です。
大人:500円、小学生以下:無料。

拝観時間は、9時から16時30分です。

二尊院のアクセス

二尊院へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩20分。

最寄駅:JR「嵯峨嵐山駅」。

f:id:sarunokinobori:20180906173623j:plain
(二尊院の周辺地図)