京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

泉涌寺の紅葉2018、見ごろと混雑状況。

泉涌寺の紅葉、見頃や混雑具合

泉涌寺について

泉涌寺は、紅葉を見る事が出来るお寺です。
御座所庭園で、木々が赤く色づきます。

泉涌寺は、京都市東山区にあります。
真言宗泉涌寺派のお寺です。

皇室との関連が深いお寺として知られています。
そのため、御寺(みてら)とも呼ばれるお寺です。

創建は、天長年間と伝わっています。
この場所に空海が草庵を結び、法輪寺としたのが起こりです。

境内には、四条天皇の天皇陵や皇后、親王陵墓など39の陵墓が存在しています。

そんな泉涌寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR・京阪「東福寺駅」になります。

最寄駅から徒歩です。
15分ほど歩けば、到着します。

駐車場もあります。

今回は、泉涌寺の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間掲載してます。


【スポンサーリンク】



泉涌寺の紅葉、見頃と混雑状況

泉涌寺の御座所には、小さな庭園が築かれています。
小さいながらも見応えのある庭園です。

オススメなのが、その御座所庭園の紅葉です。
秋になると庭園は、赤色や黄色、緑色に彩られます。

その光景は、コントラストが良くとても美しいです。
別途料金が必要ですが、一見の価値があります。

また仏殿付近の紅葉も、色濃く綺麗です。

f:id:sarunokinobori:20180925175011j:plain
(紅葉)

例年の見頃の時期は、11月上頃から11月中旬です。
11月上旬から木々が赤く染まり始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、特に混雑はしません

泉涌寺の料金と時間

泉涌寺は、拝観料金が必要です。
一般:500円、小人(中学生以下):300円。

また庭園を見るには、別途300円が必要です。

拝観時間は、9時から16時30分です。

泉涌寺のアクセス

泉涌寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩15分。

最寄駅:JR・京阪「東福寺駅」。

f:id:sarunokinobori:20180929174731j:plain
(泉涌寺の周辺地図)