京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

泉涌寺の菊花展2018。

泉涌寺の菊花展

泉涌寺について

泉涌寺は、京都市東山区にあります。
真言宗泉涌寺派のお寺です。

皇室との関連が深いお寺として知られています。
そのため、御寺(みてら)とも呼ばれているお寺です。

創建は、天長年間と伝わっています。
この場所に空海が草庵を結び、法輪寺としたのが起こりです。

境内から泉が涌き出た事から、泉涌寺と改名しました。
また境内には、四条天皇の天皇陵など39の陵墓が存在しています。

そんな泉涌寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR・京阪「東福寺駅」になります。

最寄駅から徒歩です。
15分ほど歩けば、到着します。

駐車場もあります。

今回は、泉涌寺の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間掲載してます。


【スポンサーリンク】



泉涌寺の菊花展の概要

泉涌寺の菊花展の行われる日や時間です。

開催期間

開催:平成30年(2018)10月10日~11月23日。

開始時間

時間:9時から16時30分。

料金

拝観料金:一般:500円、小人(中学生以下):300円。

開催場所

場所:泉涌寺。

泉涌寺の菊花展の見所

泉涌寺は、秋に菊花展が行われます。
菊花展は、泉涌寺の秋の風物詩です。

f:id:sarunokinobori:20181018210922j:plain

大きな見所は、もちろん菊です。
23花壇で230鉢の菊を見る事が出来ます。

泉涌寺の菊花展は、10月上旬から11月下旬に開催されるイベントです。
この期間中で、10月下旬に菊が見頃になります。

紅葉も目当てで訪れるのなら、11月中旬がオススメです。
しかし、菊のみが目的なら10月下旬に訪れるのが良いのではないでしょうか。

泉涌寺の紅葉については、こちらに書いています。
泉涌寺の紅葉、見ごろと混雑状況。

泉涌寺の料金と時間

泉涌寺は、拝観料金が必要です。
一般:500円、小人(中学生以下):300円。

また庭園を見るには、別途300円が必要です。

拝観時間は、9時から16時30分です。

泉涌寺のアクセス

泉涌寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩15分。

最寄駅:JR・京阪「東福寺駅」。

f:id:sarunokinobori:20180929174731j:plain
(泉涌寺の周辺地図)