京都観光、一人旅

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

萬福寺の蓮、見ごろと開花状況。

萬福寺の蓮、見ごろと開花情報

萬福寺について

萬福寺は、黄檗宗の大本山です。
中国の高僧、隠元が開いたお寺になります。

隠元は、江戸時代に渡来します。
そして、徳川四代将軍家綱により、寺領を賜りました。

そこに新しいお寺を建立します。
それが、萬福寺です。

隠元は、黄檗山萬福寺の住持でした。
その事を忘れないため黄檗山萬福寺という寺名を付けました。

本堂には、本尊の釈迦如来と十八羅漢が祀られています。
そして、天王殿には、布袋尊(弥勒菩薩)が祀られています。

布袋尊は、范道生作の傑作です。
都七福神の一人として信仰を集めています。

そんな萬福寺へのアクセス方法は電車と徒歩です。
最寄駅は、JR・京阪「黄檗駅」になります。

「黄檗駅」から徒歩です。
約5分程歩くと萬福寺へ到着します。

駐車場は、存在しています。
車で来られる方は、利用してみてはいかがでしょうか。

今回は萬福寺の蓮の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



萬福寺の蓮、見頃や開花状況

萬福寺は、京都府宇治市にあります。
京都の中でも、都七福神のお寺として有名です。

七福神の一柱「布袋尊」が、天王殿に祀られています。
都七福神めぐりは毎年1月に行われ、賑わう行事です。

f:id:sarunokinobori:20180706190611j:plain
(蓮のイメージ)

そんな萬福寺の境内では、蓮の花を見る事が出来ます。
見頃の時期は、7月上旬から8月中頃までです。

蓮の特徴として、すぐに花が散ります。
朝開き、昼頃に花は徐々に閉じます。

約3日間の花の開け閉めを行った後、花びらは散って終了です。
しかし、蕾は次々と現れるので、長期間楽しめます。

蓮は、見頃が長い花です。
萬福寺の蓮も例外ではなく、見頃が長いです。

見頃の時期に訪れると、蓮の花を見る事が出来ますよ。
ただし、注意点は、朝に咲くという事です。

綺麗な蓮の花を見たいのなら、朝に訪れて下さいね。

萬福寺の拝観料金と拝観時間

萬福寺は、観光寺院です。
拝観料金は、大人500円・小中学生300円。

拝観時間は、9時から17時です。

萬福寺のアクセス

萬福寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩5分。

最寄駅:JR・京阪「黄檗駅」。

f:id:sarunokinobori:20180706190602j:plain
(萬福寺の周辺地図)