京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

金戒光明寺の紅葉2018、見ごろと混雑状況。

金戒光明寺の紅葉、見頃や混雑具合

金戒光明寺について

金戒光明寺の境内は、秋になると木々が紅葉します。
山門前や紫雲の庭など、紅葉の見所が多いお寺です。

金戒光明寺は、浄土宗の大本山です。
法然上人が、この地に草案を結んだのが始まりと伝わっています。

境内には、様々な見所があります。

阿弥陀堂は、金戒光明寺の中で最も古い建物です。
豊臣秀頼によって、再建されました。

五劫思惟阿弥陀仏は、アフロのような髪をしている事から、アフロ像として人気があります。

山門は、金戒光明寺の桜や紅葉が美しく観賞出来る場所です。
また、季節によって特別公開も行われます。

そんな金戒光明寺へのアクセス方法は、バスと徒歩です。
最寄停留所は、市バス「岡崎道停留所」になります。

最寄停留所から徒歩です。
10分ほど歩けば到着です。

駐車場は、あります。
800円/1日です。

今回は、金戒光明寺の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間、秋の金戒光明寺の様子も掲載してます。


【スポンサーリンク】



金戒光明寺の紅葉、見頃と混雑状況

金戒光明寺の木々は、秋になると紅葉します。
色濃く美しいのが特徴です。

オススメなのが、山門周辺です。
山門を背景に、木々が真っ赤に色づきます。

金戒光明寺の境内の散策は、無料です。
もちろん山門周辺も、無料で散策する事が出来ます。

紫雲の庭も紅葉も、美しいと評判です。
庭園は拝観料金が必要ですが、1度は見てみる価値はあります。

東坂の紅葉も綺麗ですが、山門の趣ある雰囲気には負けます。

例年の見頃の時期は、11月中旬から12月中旬です。
11月上旬から、木々は色づき始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、全く混雑しません。
京都の紅葉の名所の中で、金戒光明寺は穴場です。

金戒光明寺の紅葉の様子

秋の金戒光明寺を訪れました。

f:id:sarunokinobori:20180821174319j:plain
山門前の紅葉です。
残念ながら、一部の紅葉は散っていまいた。

同じ場所の木々でも、紅葉の見頃の時期が異なる事は、多々あります。

f:id:sarunokinobori:20180821174328j:plain
山門をくぐった先にある石段からの眺めです。
ここからも眺望は、京都らしい趣があります。

参拝者の方はいましたが、紅葉が見頃の時期も、この程度です。

f:id:sarunokinobori:20180821174340j:plain
東坂の紅葉です。
ここの木々は、とても綺麗に色づきます。

f:id:sarunokinobori:20180821174352j:plain
東坂にある極楽橋と蓮池の紅葉です。
蓮池は、「兜之池」とも呼ばれいます。

熊谷直実が、出家を決意し兜を置いた池だからです。

金戒光明寺の境内で、無料で紅葉が楽しめる場所は以上になります。

今回は、紫雲の庭を拝観しませんでした。
秋に庭園を拝観する機会があれば、写真を掲載したいと思います。

金戒光明寺の料金と時間

金戒光明寺は、拝観料金は必要ありません。

ただし、特別公開の時は、拝観料金が必要になります。

御影堂・大方丈・庭園の拝観は、以下の通りです。
大人:600円、小学生:300円。

山門セット券は、大人1,200円、小学生600円。

金戒光明寺のアクセス

金戒光明寺へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩10分。

最寄駅:市バス「岡崎道停留所」。

f:id:sarunokinobori:20180821174237j:plain
(金戒光明寺の周辺地図)