京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

北野天満宮の紅葉2018、見ごろと混雑状況。

北野天満宮の紅葉、見頃や混雑具合

北野天満宮について

北野天満宮は、御土居のもみじ苑で紅葉を見る事が出来ます。
また、紅葉のライトアップが行われる場合もあります。

北野天満宮は、菅原道真を祀っている神社です。
菅原道真は、神童と称される人物でした。

その事から、学問の神様として信仰を集めています。
学力向上や受験合格を祈願する人々が、多く参拝する神社です。

京都の梅の名所であり、紅葉が美しい神社として有名です。
梅は梅園で咲き誇り、紅葉は御土居を赤く染めます。

そんな北野天満宮へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、京福電車「白梅町駅」になります。

「白梅町駅」から徒歩です。
10分ほど歩けば到着です。

駐車場は、あります。

今回は、北野天満宮の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間、秋の北野天満宮の様子も掲載してます。


【スポンサーリンク】



北野天満宮の紅葉、見頃と混雑状況

北野天満宮の紅葉は、御土居(もみじ苑)美しく彩ります。
御土居以外の場所では、あまり見る事が出来ません。

オススメなのが、御土居の舞台から眺める紅葉です。
紙屋川を見下ろして、紅葉が楽しめます。

展望所からは、本殿を背景にモミジが赤く彩ります。
北野天満宮らしい光景なので、こちらもオススメです。

鴬橋周りの紅葉も、人気があります。

例年の見頃の時期は、11月中旬から12月上旬です。
11月上旬から、御土居のモミジは色づき始めます

見頃の時期の混雑状況ですが、平日でも混雑はします。
休日は、平日以上に参拝者が訪れます。

しかし、混雑で身動きが取れない程ではありません。
余裕を持って、紅葉狩りが楽しめる程度の混雑です。

北野天満宮の御土居の紅葉の様子

秋の北野天満宮を訪れました。
訪れたのは、12月の上旬です。

北野天満宮のもみじ苑では、木々が紅葉します。
もみじ苑の紅葉は、12月上旬まで紅葉狩りが出来るのが特徴です。

f:id:sarunokinobori:20180817184159j:plain
北野天満宮の第一鳥居前です。
もみじ苑公開ののぼり旗が、立っていました。

のぼり旗の色は、黄色でした。
紅葉の色に合わせて、赤色ではなかったです。

f:id:sarunokinobori:20180817184208j:plain
早速お目当てのもみじ苑の中へと入りました。

f:id:sarunokinobori:20180817184217j:plain
もみじ苑の舞台から見た紅葉です。

12月上旬だけあり、見頃は少し過ぎていました。
しかし、十分楽しめます。

f:id:sarunokinobori:20180817184228j:plain
展望所から眺める本殿です。

晴れた夕方には、夕日の光が本殿に差します。
夕日のオレンジと紅葉の赤が混ざり合い、とても美しい光景が目の前に広がります。

f:id:sarunokinobori:20180817184241j:plain
鶯橋と紅葉です。
鶯橋は、もみじ苑の中でも、人気の撮影スポットです。

f:id:sarunokinobori:20180817184310j:plain
鶯橋の上から見た紙屋川の光景です。
紙屋川の両端に、散紅葉が集まっています。

f:id:sarunokinobori:20180817184318j:plain
散紅葉の道です。
人がいないのは、この区間が立入禁止だったからです。

立入禁止の直前の所で、撮影しました。

f:id:sarunokinobori:20180817184327j:plain
北野天満宮のもみじ苑は、お茶と茶菓子付きです。
紅葉狩りの後、美味しく一服を兼ねて美味しく頂きました。

北野天満宮の御土居の拝観料金と拝観時間

北野天満宮は、拝観料金は必要ありません。
ただし、もみじ苑に入るには、拝観料金が必要です。

入苑料金は、大人700円、小人350円。
お茶菓子付きです。

開苑時間は、9時から16時になります。

北野天満宮のアクセス

北野天満宮へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩10分。

最寄駅:京福電車「白梅町駅」。

f:id:sarunokinobori:20180817184335j:plain
(北野天満宮の周辺地図)