京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

勧修寺のハス、見ごろと開花情報。

勧修寺の蓮、見頃や開花状況

勧修寺について

勧修寺は、真言宗山階派の大本山です。
醍醐天皇の勅願寺にあります。

醍醐天皇が母藤原胤子の菩提を弔うために建てました。
皇室と藤原氏の庇護を受け、一時栄えます。

しかし、度重なる戦火により衰えていきました。
その後、徳川と皇室の援助を得て復興します。

そして、法親王が暮らす門跡寺院へとなりました。
京都の花の名所で、庭園には多くの四季の花が咲き誇ります。

桜や藤、杜若、花菖蒲などです。
夏には氷室池に、睡蓮や蓮も咲きます。

そんな勧修寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、地下鉄「小野駅」になります。

「小野駅」から徒歩。
駅から6分ほど歩けば到着です。

駐車場も、完備しています。
無料で利用する事が可能です。

今回は勧修寺のハスの紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



勧修寺のハス、見ごろと開花情報

勧修寺は、花のお寺です。
境内の庭園では、様々な花を楽しむ事が出来ます。

京都でも人気が高い花の1つに、桜があります。
勧修寺は、京都の桜の名所です。

人気がある桜の時期も、混雑はあまりしません。
ハスの見頃の時期であれば、なおさら混みません。

f:id:sarunokinobori:20180714135041j:plain
(蓮のイメージ)

ゆったりと、境内を散策する事が出来ます。
そして、氷室池に咲くハスも満喫出来ます。

例年の見頃の時期は、7月中旬から8月下旬です。
早朝の氷室池に、ピンクの美しい蓮が咲きます。

勧修寺の拝観料金と拝観時間

勧修寺は、拝観料金が必要なお寺です。
大人400円、小人200円(中学生以下)

拝観時間は、9時から16時です。

勧修寺のアクセス

勧修寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩5分。

最寄駅:地下鉄「小野駅」。

f:id:sarunokinobori:20180714135031j:plain
(勧修寺の周辺地図)