京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

城南宮の曲水の宴2018。

城南宮の曲水の宴

城南宮について

城南宮の創建は、平安遷都に時になります。
都の南に国の守護神として建立された神社です。

京都にある神社の中でも、古い歴史を持っています。
ご利益は、方除けです。

源氏物花の庭とも呼ばれる「楽水苑」は、5つのエリアがあります。
春の山、平安、室町、桃山、城南離宮です。

それぞれエリアで、様々な四季の花を観賞出来ます。
また庭園では、年2回「曲水の宴」が行われる事で有名です。

そんな城南宮へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、近鉄「竹田駅」になります。

最寄駅から徒歩です。
15分ほど歩くと、到着します。

駐車場もあります。

今回は、城南宮の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



城南宮の曲水の宴の概要

城南宮の曲水の宴の行われる日や時間です。

開催期間

開催:平成30年(2018)11月3日。

開始時間

開始時間:14時。

料金

拝観料金:無料。

この日は、神苑無料公開になります。

開催場所

場所:城南宮の平安の庭。

城南宮の曲水の宴の見所

城南宮では、春と秋の年2回「曲水の宴」が行われます。
曲水の宴は、城南宮の春と秋の風物行事です。

城南宮の曲水の宴は、平安貴族の風雅な遊びの再現です。

平安貴族の姿の男女の歌人が登場して、歌を作り短冊にしたため、小川を流れてくる「羽觴」を取り上げて、盃の御神酒を頂きます。

また、宴も最中には、白拍子の舞なども披露されます。
平安貴族の雅な雰囲気と趣が楽しめる行事です。

城南宮の中でも大人気の行事で、神苑無料公開と合わさって、大混雑します。
なるべく前で見たい方は、早めに訪れましょう。

城南宮の料金と時間

城南宮の境内は、自由です。
ただし、神苑(庭園)は、拝観料金が必要になります。

一般:600円。

神苑の拝観時間は、9時から16時30分です。

城南宮のアクセス

城南宮へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩15分。

最寄駅:近鉄「竹田駅」。

f:id:sarunokinobori:20180925175002j:plain
(城南宮の周辺地図)