京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

城南宮【紅葉】2018、見ごろと混雑状況。

城南宮の紅葉、見頃や混雑具合

城南宮について

城南宮は、京都市伏見区の紅葉の名所です。
庭園の木々が、秋になると色づきます。

城南宮は、平安遷都に時に建てられた神社です。
都の南に国の守護神として建立されました。

京都に建つ神社の中でも、古い歴史を持つ神社です。
方除けのご利益があるとして、信仰されています。

源氏物花の庭とも呼ばれる「楽水苑」は、5つのエリアがあります。
春の山、平安、室町、桃山、城南離宮です。

それぞれエリアで、様々な四季の花を観賞出来ます。
また庭園では、年2回「曲水の宴」が行われる事で有名です。

そんな城南宮へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、近鉄「竹田駅」になります。

最寄駅から徒歩です。
15分ほど歩けば、到着します。

駐車場は、利用出来ません。

今回は、城南宮の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



城南宮の紅葉、見頃と混雑状況

城南宮の紅葉は、庭園で赤く彩ります。
庭園には、紅葉するイロハモミジが約100本植えられています。

オススメなのが、「平安の庭」「室町の庭」です。
「平安の庭」「室町の庭」では、色鮮やかに紅葉を見る事が出来ます。

秋の城南宮の庭園の木々は、赤色や黄色、緑色に染まります。
コントラストも良く、見応えがある秋の風景です。

f:id:sarunokinobori:20180925175011j:plain
(紅葉)

例年の見頃の時期は、11月中頃から11月下旬です。
11月上旬から徐々に木々が赤く染まり始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、いつもより混雑はします。
特に土日祝日は、多くの人が訪れます。

しかし、大混雑する程ではありません。

城南宮の料金と時間

城南宮の境内は、自由です。
ただし、神苑(庭園)は、拝観料金が必要になります。

一般:600円。

神苑の拝観時間は、9時から16時30分です。

城南宮のアクセス

城南宮へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩15分。

最寄駅:近鉄「竹田駅」。

f:id:sarunokinobori:20180925175002j:plain
(城南宮の周辺地図)