京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

今熊野観音寺の紅葉、見ごろと混雑状況。

今熊野観音寺の紅葉、見頃や混雑具合

今熊野観音寺について

今熊野観音寺は、境内のカエデが紅葉します。
静寂の中紅葉が楽しめる場所として人気です。

今熊野観音寺は、泉涌寺の塔頭寺院です。
西国三十三所第十五番札所でもあります。

ぼけ封じ・頭痛封じにご利益があるお寺です。
「頭の観音様」として、多くの方から信仰を集めています。

本尊は、十一面観世音菩薩です。
一寸八分の観音像が体内仏として彫刻されています。

そんな今熊野観音寺へのアクセス方法は、バスと徒歩です。
最寄停留所は、市バス「泉涌寺道」になります。

最寄停留所から徒歩です。
10分ほど歩くと、到着します。

駐車場も、あります。

今回は、今熊野観音寺の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



今熊野観音寺の紅葉、見頃と混雑状況

今熊野観音寺の木々は、秋になると境内を深紅に彩ります。
真っ赤に燃えるような紅葉は、美しいと評判です。

オススメなのが、本堂付近の紅葉です。
色濃く鮮やかで、見応えがあります

「ぼけ封じ観音さん」や「子護弘法大師の像」を彩る紅葉も、絵になる光景です。

本堂東側の山上には、医聖堂が建っています。
平安様式の多宝塔です。

ここからの秋の眺めも絶景だと人気があります。

f:id:sarunokinobori:20180910083307j:plain
(紅葉)

例年の見頃の時期は、11月中頃から11月下旬です。
11月上旬から境内の木々が赤く染まり始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、特に混雑しません。
土日祝日も、混雑する程ではありません。

今熊野観音寺の拝観料金と拝観時間

今熊野観音寺は、拝観料金は必要ありません。

拝観時間は、8時から17時です。

今熊野観音寺のアクセス

今熊野観音寺へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩10分。

最寄停留所:市バス「泉涌寺道」。

f:id:sarunokinobori:20180928174035j:plain
(今熊野観音寺の周辺地図)