京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

一華院の秋の特別拝観2018。

一華院の秋の特別拝観

一華院について

一華院では、11月に秋の特別拝観が行われます。
お茶席が設けられ、庭園の観賞も可能です。

一華院は、京都市東山区にあります。
東福寺の塔頭寺院です。

ご本尊は、白衣観音坐像です。
応永年間に、創建されたと伝わっています。

「一華五葉を開き、結果自然と成る」という達磨大師の言葉から寺名が付けられました。

通常は、非公開のお寺です。
しかし、秋には特別公開が行われます。

公開時に、「依稀松の庭」や「彷彿石の庭」を眺める事が出来ます。

そんな一華院へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR「東福寺駅」になります。

最寄駅から徒歩です。
10分ほど歩けば到着です。

駐車場は、ありません。

今回は、東福寺のもみじ祭の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



一華院の秋の特別拝観の概要

一華院の秋の特別拝観の行われる日や時間です。

開催期間

開催:平成30年(2018)11月上旬~12月2日。

拝観n時間

拝観時間:10時から16時。

料金

拝観料金:400円、1,200円(抹茶・季節の生菓子付)。

開催場所

場所:一華院。

一華院の秋の特別拝観の見所

一華院は、通常は非公開のお寺です。
しかし、秋のみ特別拝観が行われます。

大きな見所は、庭園です。
「依稀松の庭」と「彷彿石の庭」が楽しめます。

「依稀松の庭」は、1本だけ枝が伸びた大きな松の下に、美しい苔が生えている庭です。

「彷彿石の庭」は、作庭家・重森千靑氏が作庭した庭になります。

東福寺は、京都屈指の紅葉の名所です。
秋になると、境内が紅葉の赤で彩られます。

一方、秋の一華院は、赤というより緑が美しいです。
東福寺の赤と一華院と緑、両方訪れると楽しいと思います。

一華院の拝観料金と拝観時間

一華院は、拝観料金が必要です。
400円、1,200円(抹茶・季節の生菓子付)。

拝観時間は、10時から16時になります。

一華院のアクセス

一華院へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩10分。

最寄駅:JR・京阪「東福寺駅」。

f:id:sarunokinobori:20181023211731j:plain
(一華院の周辺地図)