京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

法然院の紅葉2018、見ごろと混雑状況。

法然院の紅葉、見頃や混雑具合

法然院について

法然院は、紅葉が綺麗なお寺です。
山門前や白砂壇で、木々が美しく色づきます。

法然院は、専修念佛の元祖である法然房源空上人が弟子安楽・住蓮とともに六時礼讃を勤めた旧跡です。

その後、後鳥羽上皇の逆鱗に触れ、法然上人は流罪、安楽・住蓮は死罪になりました。

知恩院第38代門主万無上人によって、再興されました。
延宝8年(1680)の事です。

通常は伽藍内は非公開ですが、春と秋の年に2回、伽藍内部の一般公開が行われます。

そんな法然院へのアクセス方法は、バスと徒歩です。
最寄停留所は、「浄土寺停留所」になります。

「浄土寺停留所」から徒歩です。
10分ほど歩けば到着です。

駐車場は、ありません。

今回は、法然院の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間、一般公開の時期も掲載してます。


【スポンサーリンク】



法然院の紅葉、見頃と混雑状況

法然院の木々は、秋になると赤く彩ります。
紅葉が美しい事でも、人気があるお寺です。

オススメなのが、山門前です。
参道から山門に続く道では、木々が美しく紅葉します。

山門と常緑樹と紅葉と散紅葉の織りなす光景は、古き京都の思い出させるような趣があります。

また、山門をくぐった先の白砂壇の紅葉も、人気です。
白砂壇に描かれたモミジの砂絵に散るモミジは、風流を感じさせます。

f:id:sarunokinobori:20180819104435j:plain
(法然院の紅葉)

例年の見頃の時期は、11月中旬から11月下旬です。
11月上旬から少しづつ色づき始めます。

見頃の時期の混雑状況ですが、あまり混雑しません。
早朝は人が少ないので、ゆったり見たい方はオススメの時間です。

法然院の料金と時間、伽藍内部公開時期

法然院は、拝観料金は必要ありません。

拝観時間は、6時から16時です。

伽藍内部公開は、年に2回あります。
4月1日から7日、11月1日から7日です。

法然院のアクセス

法然院へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩10分。

最寄停留所:「浄土寺停留所」。

f:id:sarunokinobori:20180819104515j:plain
(法然院の周辺地図)