京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

法金剛院の蓮2019、見ごろや開花状況。

法金剛院の蓮、見頃や開花情報

法金剛院について

法金剛院は、京都市右京区にあります。
律宗のお寺です。

もとは、平安時代の右大臣清原夏野の山荘でした。
彼の死後、山荘は寺に改められます。

当初は、双丘寺や天安寺と呼ばれました。
双丘寺は、後に焼失してしまいます。

法金剛院が建立されたのは、寺が焼失して150年後の事です。
待賢門院璋子によって建立されました。

ご本尊は、定朝様の阿弥陀如来坐像です。
平安時代後期の代表的な仏像となっています。

法金剛院の境内には、庭園があります。
池泉回遊式浄土庭園で、平安時代の末期のものです。

庭園には、蓮や紫陽花などが咲き誇ります。

そんな法金剛院へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR「花園駅」になります。

「花園駅」から徒歩です。
5分ほど歩くと、法金剛院に到着です。

駐車場も完備しています。
無料駐車場です。

今回は法金剛院の花菖蒲の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



法金剛院の蓮、見頃や開花状況

法金剛院と言えば、蓮のお寺です。
夏には庭園に、美しい蓮が花を咲かせます。

庭園は、浄土を模して造営されました。
そのため、蓮の花がとても似合います。

f:id:sarunokinobori:20180618163758j:plain
(法金剛院の蓮)

法金剛院では、蓮の見頃の時期に観蓮会が行われます。
観蓮会では、朝雄の7時から拝観可能です。

法金剛院の蓮が最も美しい朝から、蓮の花を見る事が出来ます。
見頃の時期は、7月上旬から8月中旬です。

蓮は、早朝が最も美しいとされる花です。
ぜひ午前中に訪れて、法金剛院の蓮を満喫して下さい。

法金剛院の拝観料金と拝観時間

法金剛院は、拝観料金が必要なお寺です。
大人:500円、小中高生:300円。

拝観時間は、9時から16時です。

法金剛院のアクセス

法金剛院へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩5分。

最寄駅:JR「花園駅」。

f:id:sarunokinobori:20180609203841j:plain
(法金剛院の周辺地図)