京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

法住寺採燈大護摩供2018。

法住寺採燈大護摩供

法住寺について

法住寺では、11月に採燈大護摩供が行われます。
身代わり不動尊に、諸願円満などを祈願する行事です。

法住寺は、京都市東山区にあります。
「身代わり不動」が有名なお寺です。

「身代わり不動」とは、法住寺のご本尊の呼び名です。
開運・厄除けのご利益があります。

赤穂浪士・大石内蔵助が討ち入り前に参拝した事でも知られているお寺です。

その縁で、四十七士の像が安置されています。

そんな護王神社へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、京阪電車「七条駅」になります。

最寄駅から徒歩です。
10分ほど歩けば、到着します。

駐車場もあります。

今回は、法住寺採燈大護摩供の紹介です。


【スポンサーリンク】



法住寺採燈大護摩供の概要

法住寺採燈大護摩供の行われる日や時間です。

開催日

開催:平成30年(2018)11月15日。

開始時間

大護摩供の開始時間:14時。

開始時間の前後に催しあり。

料金

拝観料金:見学無料。

護摩木1本:200円、御祈祷:3,500円~。

開催場所

場所:法住寺。

法住寺採燈大護摩供の見所

法住寺では、秋に採燈大護摩供が行われます。
身代わり不動尊に、無病息災、諸願円満を祈願する行事です。

大きな見所は、いくつかあります。
最大の見所は、採燈大護摩供までの一連の流れです。

鬼法楽や山伏問答が行われた後に、採燈大護摩供と続きます。
この一連の流れが、この行事の見所です。

f:id:sarunokinobori:20181010190144j:plain

鬼法楽では、天狗が先導する赤・青・黒の3匹の鬼が登場します。
それぞれの鬼は、松明・剣・まさかり・槌を振るいます。

拍子を合わせて護摩の周りを踊り歩く姿は、必見です。
多くの人が鬼の姿を一目見ようと、会場の周りに集まります。

他にも、稚児行列やうどんのお供養も行われます。
こちらも、見所の1つです。

うどんは人気があって並んで混雑します。
行列が苦手な方は、早めに並ぶのがオススメです。

法住寺のアクセス

護王神社へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩10分。

最寄駅:京阪電車「七条駅」。

f:id:sarunokinobori:20181010190127j:plain
(法住寺の周辺地図)