京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

平安神宮の花菖蒲2019、見頃と開花状況。

平安神宮の西神苑で咲く花菖蒲

平安神宮について

平安神宮は、京都市左京区にある神社です。
第50代桓武天皇と第121代孝明天皇が、祀られています。

平安神宮は、平安遷都1100年を記念して創建されました。
荒廃した京都の町おこしの一環として建てられます。

巨大な大鳥居、平安京大内裏の正庁を模した美しい朱塗りの応天門や大極殿が特徴です。

また社殿を囲むように、神苑が作られています。
東・中・西・南の4つからなる庭園です。

総面積は33,000㎡。
坪換算だと10,000坪、甲子園換算だと0.8個分になります。

神苑は、池泉回遊式庭園です。
明治の「造園家7代目小川治兵衛」により作られました。

四季が楽しめる庭として、人気がある平安神宮の神苑。
春のしだれ桜と初夏の花菖蒲が、人気が高いです。

神苑は、無料開放日が設けられています。
初夏と秋の2回です。

初夏の神苑の無料公開日は、花菖蒲が見頃の時期に合わせて行われます。

そんな平安神宮へのアクセス方法は、電車とバスと徒歩です。
最寄駅は、地下鉄東西線「東山駅」になります。

「東山駅」で下車。
徒歩10分で到着です。

最寄り停留所は、「岡崎公園 美術館・平安神宮前」になります。
市バス5系統、46系統、32系統です。

駐車場は、ありません。
周辺の駐車場を利用して下さい。

今回は平安神宮の菖蒲の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



平安神宮の花菖蒲、見頃や開花情報

平安神宮には、神苑があります。
神苑には様々な四季の花が咲き、訪れる人を出迎えてくれます。

平安神宮の花菖蒲も、その花の1つです。
西神苑の白虎池で、美しく花を咲かせます。

見頃の時期は、5月下旬から6月中旬です。
池の外側に咲くので、見やすく写真が撮りやすいです。

菖蒲が見頃の時期に合わせて、神苑が1日無料開放されます。
この日に合わせて、平安神宮へ訪れる人も多いです。

ただ、無料だけあって混雑します。
ゆったりと花を見たい方は、無料開放日は避けた方が良いです。

平安神宮の西神苑で咲く花菖蒲

平安神宮の神苑には、何度か訪れています。
有料日と無料日、どちらの日も経験済みです。

初めて神苑を訪れる方は、有料の時がおススメです。
混雑なく、ゆったりと神苑を満喫出来ます。

f:id:sarunokinobori:20180610122216j:plain
無料開放日は、このような感じです。

この日は雨だったので、まだ混雑は緩い方でした。
ただ、神苑は狭い道も多いので、傘が面積分行き来に苦労しました。

それでも何とか西神苑の白虎池に到着。

f:id:sarunokinobori:20180610122225j:plain
西神苑の白虎池に咲く花菖蒲です。

f:id:sarunokinobori:20180610122234j:plain
約200品種2,000株の花菖蒲が、咲き競います。

f:id:sarunokinobori:20180610122241j:plain
白虎池には、睡蓮も花を咲かせます。
花菖蒲とのコラボも可能です。

平安神宮の神苑は、京都の庭園の中でも、1度は訪れて欲しい見応えのある庭園です。

有料公開日と無料公開日、どちらもで良いので、機会があれば平安神宮の神苑を訪れてみてはいかがでしょうか。

平安神宮の神苑の拝観料金と拝観時間

平安神宮の神苑の拝観料金です。
大人600円、小人300円になります。

拝観時間は、以下の通りです。

3月~9月:8時30分から17時30分。
11月~2月:8時30分から16時30分。

平安神宮のアクセス

平安神宮へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩10分。
最寄停留所から徒歩3分。

最寄駅:地下鉄東西線「東山駅」。
最寄停留所:「岡崎公園 美術館・平安神宮前」。

f:id:sarunokinobori:20180610122328j:plain
(平安神宮の周辺地図)