京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

伏見港公園プール2018、混雑や入場料、駐車場情報。

伏見港公園プールの概要

伏見港公園プールについて

伏見港公園プールは、京都市伏見区にあります。
屋内と屋外の両方楽しめるプールです。

京都府にあるプールの中で、口コミは上々でした。
小さな子供でも遊べると人気があります。

屋外プールは、児童プールと幼児プールに分けられているからです。
このため、子供を連れて遊びに行きやすいとの事でした。

注意点は、スイムキャップが必ず必要な事です。
現地で販売しているので、持っていない方はそこで買いましょう。

プール内には、売店はありません。
ただ、伏見港公園内にレストランや売店があります。

伏見港公園内は、飲食持ち込み可能です。
お弁とを持っていって、公園で食べる事も出来ます。

最寄駅から歩いてすぐです。
また有料駐車場もあるので、車で行く事も出来ます。

それでは、伏見港公園プールの紹介です。
営業時間や駐車場、混雑、売店、割引情報も掲載しています。


【スポンサーリンク】



伏見港公園プールの料金や駐車場、混雑情報

伏見港公園プールの紹介です。
屋内と屋外がありますが、ここでは屋外プールを紹介しています。

~営業時間と入場料金~

営業期間は、7月中頃から8月下旬まで(年によって前後)。

営業時間は、3交代制です。
ただし、屋外は夜営業はないので、2交代制になります。

午前の部:9時30分から12時30分。
午後の部:13時30分から16時30分。

夏休み期間に、利用できるプールです。

入場料金は、以下の通りになっています。
大人:600円・高校生450円・小中学生300円・幼児150円。
(入場時間により減額あり)

~プールなど種類~

1.児童プール

子供が安心して遊べる児童プールです。

2.幼児プール

小さな子供が遊べる幼児プールです。

3.ウォータースライダー

スライダー×4あります。

10mのスライダーと8mのスライダーです。

渓流や噴水もある子供も安心して遊べるプールです。

割引券などの有無

利用時間によって、料金は安くなります。

売店や食事

公園内にレストランや売店があります。
また公園内は、飲食の持ち込みが可能です。

お盆などの混み具合

気になるのが、混み具合です。
平日でも混雑しますが、問題なく遊べます。

休日(お盆も含む)は、混雑します。
駐車場を利用する方は、ご注意ください。

伏見港公園の駐車場

伏見港公園には、駐車場が存在しています。

駐車料金は、以下の通りです。
1時間以内300円、以降1時間毎に100円追加。

伏見港公園へのアクセス

伏見港公園への行き方です。

電車を利用する場合は、以下のアクセス方法が存在します。

京阪「中書島駅」で下車。
南改札口から徒歩すぐ。

f:id:sarunokinobori:20180710190046j:plain
(周辺地図)