京都ホテルトラベル

京都の観光や旅行の時の一人旅の旅行記と感想。

【スポンサーリンク】

大覚寺のスイレン、見ごろと開花情報。

大覚寺の睡蓮、見頃と開花状況

大覚寺について

大覚寺は、真言宗大覚寺派の本山です。
創建は、貞観18年(876)になります。

嵯峨天皇の離宮嵯峨院を寺院に改めました。
そして、皇室ゆかりの門跡寺院になります。

境内に東側には、大沢池が広がっています。
唐の洞庭湖を模して作られた日本最古の林泉式庭園です。

池の畔には、桜や楓が約700本も植えられています。
京都の桜と紅葉の名所です。

また、大沢池には、睡蓮や蓮も自生しています。
夏には、睡蓮や蓮の花が楽しめる池です。

そんな大覚寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR「嵯峨嵐山駅」になります。

「嵯峨嵐山駅」から徒歩です。
駅から17分ほど歩けば到着です。

駐車場も、完備しています。
有料の駐車場です。

今回は大覚寺のスイレンの紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



大覚寺のスイレン、見ごろと開花情報

大覚寺の東側にある大沢池は、京都の四季を楽しませてくれる池です。

春は桜、夏は蓮、秋は紅葉などが楽しめます。
また、大沢池は、日本三大名月観賞地です。

観月の名所としても知られています。
中秋に行われる観月の夕べは、京都の風物詩です。

f:id:sarunokinobori:20180607210805j:plain
(睡蓮のイメージ)

その大覚寺の大沢池には、睡蓮の花が咲き誇ります。
例年の見頃の時期は、5月下旬から8月下旬です。

睡蓮は、見頃が長いのが特徴です。
夏の大沢池には、美しい睡蓮が咲き乱れます。

また、この時期の大沢池には、蓮も咲きます。
睡蓮と蓮の見分け方は、花の咲く位置です。

水面近くで咲くのが、睡蓮になります。
水面高く茎を伸ばして咲くのが、蓮です。

水面を基準にして、低く咲く花が睡蓮、高く咲く花が蓮と覚えておくと、間違える可能性は低いと思います。

大覚寺の拝観料金と拝観時間

大覚寺は、拝観料金が必要なお寺です。
大人500円、小中高生300円になります。

拝観時間は、9時から17時です。

大覚寺のアクセス

大覚寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩17分。

最寄駅:JR「嵯峨嵐山駅」。

f:id:sarunokinobori:20180719200221j:plain
(大覚寺の周辺地図)